*

決戦!オクトーバーフェスト

   

 

ある朝起きると、先にちょっと出かける予定があったサムから置き手紙がありました。

「ユースケは世界でもトップクラスのスーパースターだということを、この生活で改めて実感してる。
だから特別に、キッチンのものを何でも食べていいよ!」と書かれています。
優しいな〜!!

 

 

 

 

 

 

 

1週間ほど滞在したパリを離れ、夜行列車でドイツはミュンヘンに向かいます。
サムという親友とそのファミリーにお世話になりまくったお陰で、パリでの思い出は、恋しさとせつなさと心強さに溢れるハートフルなものになりました。

サムがいつか日本に来たときには、アメリカ大統領の来日時を超えるレベルの待遇でおもてなしをすることを先程、閣議決定しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7時間ほど電車に揺られて、ミュンヘンに到着。
人生初ドイツの第一印象、「さむい。」です。

ヨーロッパの中でも勤勉な国民性で、日本人に性質が似ているというドイツ。かかってこい!!!!!

 

ミュンヘンに来た目的は、完全にただひとつです。
ビールが好きな人からすると天国、またはヘブンのようなイベントの本場のやつに参加するためです。
日本でも、日比谷公園や赤レンガ倉庫などでやってますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オクトーバーフェスト!!!

毎年ミュンヘンで行われる、世界最大のビールの祭典。
600万人が来場し、700万リットルのビールを消費するらしいです。頭おかしすぎる。

 

今まで会った同じく世界一周中の友人たちと、オクトーバーフェストに合わせてミュンヘン集合にしてたんですね。
ちょ、俺らお洒落すぎん?

旅を一時中断して、わざわざみんなで集まるぐらい、最高に楽しみにしていたイベントなんですよ。
ドイツビールは安いし、めちゃくちゃ美味しいと聞いてます。あげぽよです。

 

 

ミュンヘン市内の6つの醸酒工場が運営する14の巨大ビールテントや、屋台や遊園地などがこのイベントのためだけに建築されます。
因みに敷地の広さ、東京ドームで言うと9コ分らしいです。たまには札幌ドームで表せや。

 

 

 

 

会場に到着して、気付いたことがあったんですよ。

一緒に来てるみんなと比べて、
心なしか俺だけ、なんか胸が高鳴ってないなと。

何かが、足りない気がしたんですよね。
でも、世界中から人が集まる本場のオクトーバーフェスト、最高に美味くて水のように飲めるビールが目の前にある。
冷静に考えて、高まらない理由が見当たらないと思ったんですけど

改めてよく考えてみた結果、シンプルな原因が判明しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺、そういえば酒飲めなかったわ。

 

 

 

その時の自分を俯瞰して見ると、めちゃ面白いですからね。
お酒全く飲まないやつが、何故か世界最大のビールの祭りに来てるわけですからね。

スキンヘッドにしてる人が、ヘアワックスの専門店来てるようなもんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

オクトーバーフェストのジョッキの大きさ、えげつないんですね。
あえて顔の大きさで例えると、日本のグラスビールが「宮崎あおい」だとしたら、
オクトーバーフェストのジョッキは「FUJIWARAのふじもん」ぐらいあります。

集まった友達たちは全員ビールが超好きだったので、吸引力の変わらない唯一つの掃除機のDysonばりに、次々にビールを吸引していってました。
僕はそのみんなが恍惚の表情で飲んでる黄金色の飲み物に1ピクリンも興味がないので、横でこれをずっと食べてました。

 

 

 

 

 


それはそれで最高でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


路上パフォーマンスも、レベル高い。
みんなで3分ぐらい考えたけど、仕掛けが全然分からんかったってことは

高い確率で、ガチで浮けるじいちゃん思うわ。

 

 

オクトーバーフェストでの戦いは、まだまだ続きます。

 - ドイツ!!!!!

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ビールとは、麦でできたジュースである

  この2体のミッキー、どっちも顔微妙すぎる。   &nbs …