*

ミラノ風ドリアの正体

      2020/05/14

 

 

イタリアの街中には、意外だったんですけど、

 

ヤバいクオリティのプーさんがいました。

 

 

しかもそのヤバいプーさん、直立不動で道に立ってるだけですからね。
ちっちゃい子にとって、人生初プーさんがあれじゃないことを願います。

 

 

 

 

 

 

 


ミラノには、「ドゥオーモ」という、圧倒的存在感を放つ観光地があります。
ちょ、精巧で美しい建物すぎて、ちょっと引く!!

ドゥオーモはイタリア最大のゴシック教会と言われており、約400年の歳月をかけて建設されたそうです。
1年目に着手し始めた人からすると、未来予想図にも程があります。
ブレーキランプ何回点滅させたら良いか、全然分かりません。

 

 

ドゥーモは街の中心ということもあり、常に人で賑わっています。

つまり、ギャルとの約束のとき「ドゥオーモ前待ち合わせ」が十分にあり得るということです。

「もしもし?着いたんだけど、ドゥオーモのどの辺いる感じ?」

ハチ公の正面の緑の電車…、じゃなかった、騎士の銅像の前にいるよ。」

 

っていうやり取り、リアルにされてると思います。
鈴木雅之さんも思わず、「今日は渋谷で5時」じゃなく、「今日はドゥーモで5時」です。

 

 

 

 



ミラノには、サッカー日本代表の長友さんが所属しているインテルという超有名なチームがあります。
オフィシャルショップ的なやつがあったので、圧倒的にミーハーな僕はとりあえず入店をかましました。

 

 

自国の言語や文化が全く通用しない海外で、日本人として活躍されているのはほんとに凄いと思ってます。シンプルに、尊敬です。

実は「美山佑介」の佑と「長友佑都」の佑は同じなので、生まれた瞬間から長友さんには圧倒的な親近感をもってます。
因みに「本田圭佑」の佑も同じだし、
「中澤佑二」の佑もこの字です。
なんで俺だけサッカー日本代表じゃないのかが謎です。

 

 

 


インテルと同じくミラノにホームを構える、ACミランのオフィシャルショップにも無駄に行きました。
ここは本田圭佑さんがかつて所属していたチームですね。

両クラブはイタリアのみならず世界を代表するビッグクラブであり、インテル対ACミランの通称ミラノダービーは世界でもビビるぐらい注目されます。

なので、この街でインテル派なのかACミラン派なのかというのは、かなり重要です。
自身が大のインテルファンであると仮定しましょう。
ものすごく愛してる人がいたとしても、その人の家系がACミランファンだった場合、親御さんの理解が得られないので、結婚することはかなり難しいです。知らんけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕、ミラノ来たら絶対にやりたいことが1つだけあったんですよ。
ミラノと言えば、みたいなあつあるじゃないですか。
僕らが日頃めちゃくちゃお世話になってる「ミラノと言えば」みたいなアレを、本場で体験することです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


サイゼリヤのミラノ風ドリアを、ミラノで食べることですよね。

本場ミラノで、ミラノ風ドリア食べたって言ったら、合コンで無敵です。僕はスキップをしながら、ドリアを探しにいきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おかしいんですよ。
どこの店のメニュー見ても、ミラノ風ドリア無いんですよ。

いや、ミラノ風ドリアの本場ミラノに、ミラノ風ドリアが無いはずないと。
これは、定番すぎてメニューに載せない、もはや裏メニュー的なやつだな?と思い、テキトーに入った店で店員さんに聞いてみることにしたんですね。

 

 

美山:「ミラノ風ドリアひとつ、ください!」

 

店員さん:
「ミラノ風ドリアってなんだ?」

 

 

 

 

 

ミラノ風ドリア、ない?

いやいや、日本であれだけミラノミラノ言ってるのにミラノに来たらドリアない?
うおおおおいいいいぃぃぃぃどういうことだ!!

 

 

 

 

 

 

結論から言います。
ミラノに、ミラノ風ドリアは無いらしいです。

何回ミラノ風ドリアを注文しようとしても、「ミラノ風リゾット(Risotto alla Milanese)」しか無いって言うんですね。


宿帰ってから調べたところ、
そもそもドリアは日本発祥の料理とのことでした。

 

 

今日の教訓:

ミラノに、ミラノ風ドリア無い。

これは完全に、サイゼリヤさんと全面戦争です。

 

 - イタリア!!!!!

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

アモーレ、ウェイソイヤ

  クロアチアはドブロブニクから移動し、「スプリット」という港町へ向か …