*

そう、赤道ならね。

      2021/05/19

 



本物の赤道は、何故かこのドライブでGoogle Mapのナビを信じすぎるとたまに連れていかれる、
意味わからん道みたいなところ
を進んだ先にあるみたいです。

 

 


〜当時の「株式会社赤道」プロモーション部


部長
「なにっ!?赤道の場所が余裕で違っただと!?
どうするんだ、全然違う方にスゴいの作っちゃったじゃないか!」

 

ヒラ
「申し訳ございません!!赤道の場所図ってたそれっぽい人が『まぁこの辺っしょ』って言ってたので、完全にそれを鵜呑みにしました!ウケる!」

 

部長
「まぁそれは確かにウケるとして、
こっちの本物の赤道の方はどうするんだ!」

 

ヒラ
「決まってるじゃないですか!あの偽物の方よりすごいの作りましょうよ!だって本物だし!

 

部長
「いや君があっちを本物だって言うから、偽物の方に予算全部使っちゃったよ!もう二千円ぐらいしか残ってないよ!」

 

ヒラ
「ええ!まじですか!ディズニーシーみたいにしたかったのに!」

 

部長
「こうなったら、DIYだ!!首相にバレる前に、DIYでそれっぽく作るんだ!!」

 

 

 

 

 


本物の赤道がある場所の、入り口です。
DIYにしては、かなり高いクオリティになってます。

 

 

 



これが正真正銘、北半球と南半球を分ける、ガチの赤道になります。

ちょ、本物の赤道、地面に赤く塗ってあるだけなんですけど!!
体育館の、縦横無尽に張り巡らせてある色んなスポーツの線とほぼ同じクオリティなんですけど!!

 

 


まぁ、記念碑の場所間違っててブーブー言ったけど、
そもそも地球の真ん中が大体この辺って分かる時点で、昔で考えるとすごすぎる。
伊能忠敬も、思わず「ゃばくね?」ってギャル語で言うぐらいすごい。

 

 

 

 

 

 


この本物の赤道の上では、地球の自転の関係で起こる、不思議な実験をいくつかすることができます。

色々できちゃうんです。そう、赤道ならね。

 


例えばこれは両面の日時計で、片面が半年分になります。
パッと見よくわからないですが、ゴイスーです。

 

 

あと、自転の影響を回避できるので、
釘の上に生卵を立てられるらしいんですね。

いや釘の上に卵って、どう考えてもむずいじゃないですか。
そんなシチュエーションに遭遇したことはないので、知らないんですけど。


でも、熟練のガイドさんが、「Very easy」って言うんですね。

ああなるほど、普通にやったらどう考えてもムズいけど、赤道の上だったら不思議な力によって簡単に

 


いや全然むずいやん
(立てられなかった)

 

 

 

 

 

一緒に行ってた友達は、何故か難なくクリアしてました。
悔しいです。自分からやろうと言い出した男気じゃんけんで、一撃で勝ったときと同じぐらい悔しいです。

 

因みに、この卵ミッションに成功すると、なんと
「卵先生」という証明書を、スペイン語で発行してもらえるんですね。

ビビるほどいらんな!!いいな〜!!

 

 

 

 

 

 

個人的に、すごいと思ったのがこれです。

赤道直下だと、「コリオリの力」の慣性により、水が渦を巻かずに流れるというものです。
これが面白くて、赤道から北半球側で水を流すと反時計回り南半球側で流すと時計回りで水が流れました。


これはつまりどういうことかと言うと、「すごい」ということです。


「コリオリの力」
とは、「地球が東向きに自転しているために、その上を移動するものに働く慣性」だということは本能で理解していましたが、

実際に台風の向き以外で実感したのは初でした。

 

 

 

 

 

 

 

本物の方の赤道記念碑、色んなモニュメントもあって面白い雰囲気が満点です。


ぜひいつか、エクアドルに行ってみることをオススメします。

銃とかナイフをもってるやつがまぁまぁいるぐらいで、それ以外は特に安全です。

 

 

 

 - エクアドル!!!!!

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

オカン、俺地球の真ん中きたで。

    無事に人生初の南米大陸、エクアドルのキトに到着しまし …