*

「カンボジアの悪夢」ポル・ポトの残虐な歴史

      2017/08/13

 

※今回の記事はまぁまぁ内容がエグいので、苦手な方はUNOばりにスキップして下さい。

いつもは完全にふざけている僕のブログですが、今回は笑いナシでお送りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

東南アジアの一国、現在も発展途上国であるカンボジア。
この国には負の歴史があります。

1975年4月から1979年1月まで3年8ヶ月に及んだ、
ポル・ポト政権による大虐殺。

 

 

ポル・ポト率いるクメール・ルージュがカンボジアで大虐殺を行った、
ということまでは、ぼんやり知ってる人が多いかと思います。

他国同士で争い合う、「戦争」ではなく
同じ国の人同士で殺しあうという、理解し難い黒歴史。

では、何故そんなことが起こったのでしょうか。

 

 

 

o0800060012659786192

指導者であるポル・ポトの思想は「原始共産主義」といって、
国内から知識人層を根絶することを目指しました。

階級・格差の無い時代を目指し、
「国を指導する我々以外の知識人層は自国には不要」と考えていたのです。

そのため、通貨、学校、工場、病院、伝統文化、宗教、家族など、
人々が培ってきた「文化」と呼ばれるものは全て抹殺。

 

 

その思想の達成の為だけに、国民の大虐殺が行われたのです。

虐殺の対象は、教師や医師などの知識人や文化人、
更には

 

「海外に行ったことがある」
→知識人とみなし、殺す

「恋人がいる」
→社会風俗を乱す。殺す

「眼鏡をかけている」
→知識人。殺す

「子供に教育をした」
→我々と異なる思想を植えつけた。殺す

「手が綺麗」
→畑仕事をしていない知識人の証拠だ。殺す

 

といった、本当に些細な理由で簡単に命を絶たれた人がたくさんいます。

にわかには信じられない嘘のような話ですが、本当にあった出来事です。

それも、たった十数年前。
つい最近の話です。

 

 

「我々は独自の世界を建設している。新しい理想郷を建設するのである。したがって伝統的な形をとる学校も、病院も要らない。貨幣も要らない。
 
たとえ親であっても社会の毒と思えば微笑んで殺せ。今住んでいるのは新しい故郷なのである。我々はこれより過去を切り捨てる。
 
泣いてはいけない。泣くのは今の生活を嫌がっているからだ。
 
笑ってはいけない。笑うのは昔の生活を懐かしんでいるからだ。」

 

 

これは、実際のポルポトの指令書です。

平和な時代の、平和な国に生まれた僕からすると頭おかしいんじゃないのって思うような内容ですが、
本気でこの思想が国のためになると思ってやっていたのですから恐ろしいことです。

 

 

さらにポル・ポトは、地雷を「完全な兵士」として高く評価し、西部のタイとの国境地帯を中心に大量に敷設します。
カンボジアは地雷が未だ多く残っていることで有名ですが、これが根源的な原因です。

 

 

 

 

 

 

 

フランス植民地時代の名残が今も残る街、プノンペン。
街の住宅街の中にひっそりとあるのが、「トゥースレン収容所」。

ポルポト政権の残虐さを後世に伝える博物館として、公開されています。
いわゆる、「負の遺産」です。

 

 

o0800060012656876908


プノンペンの街中を歩いていると現れる、トゥースレン収容所。

住宅街の中で、異様なオーラを放っています。

 

o0800060012659745242

ここは元は高校の校舎だったところを、改造して作られた場所です。

もともとは校庭として教師や生徒たちが語らう空間だったであろう中庭に、
逆さ吊り拷問に使われた柱や、

ベトナム軍がプノンペンを制圧し、クメール・ルージュが撤退した後にここで最初に見つかった14遺体のために置かれた墓石があります。

 

o0800060012656876837

尋問室、という名の拷問室は、当時のままの状態で保存されています。

ベッドに横たわる死者の写真が壁に掛けてあり、そして部屋の中にポツンと置かれた錆びかけたベッドの周りには、血痕が今も残っています。

 

o0800060012656879369

 

部屋に入る前に見かけた看板。

「笑顔禁止」ということでしょうか。
言われなくても、こんなところで笑えないけど。。

 

o0800060012656887559

o0800060012656879371

o0800060012656879370

一説によれば、当時の国民の5人に1人にあたる150万人とも、200万人とも言われるカンボジア人が虐殺されたといいます。

ポル・ポトから解放された時のカンボジアの人口比は、
なんと国民の85%が14歳以下でした。
それだけ、大人は殺されたということですね。

 

 

 

プノンペンの街の郊外に、「キリングフィールド」と呼ばれる場所があります。
文字通り、虐殺が実際に行われた場所です。

僕は当初、トゥースレンを見学してから、そのキリングフィールドにも行く予定でした。
しかしトゥースレンを見学しただけでいっぱいいっぱいになってしまい、キリングフィールドに行くのは諦めてしまいました。

それぐらい、重い雰囲気が漂っている場所です。
プノンペンの街に行く人は、それなりの覚悟が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ポル・ポトは、カンボジア人にとって正に悪夢そのものでした。

あのような惨劇をもう二度と繰り返さない為に、
このように負の遺産を残すことで、後世に、そして世界に伝えていっているのです。

自国の負の歴史を隠そうとしている国が、少なからずある中で、
こうして隠すことなく真実を伝えていこうというカンボジアは立派だと思いました。

 

 

 

ポル・ポトが虐殺を行った歴史の背景には、少なからず日本軍も関わっているのです。
こうしたことが実際に、事実としてあったということを受け止め、
「知る」ということが義務にさえ思います。

 

 

 

一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!!
「読んだで!!」のしるしに、是非クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村

 

 - カンボジア!!!!!

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

Comment

  1. konan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ブログを巡回してたらピン!!
    ときたんでコメントしましたw
    記事色々と読ませていただきました
    個性があって僕は好きです
    また遊びにきますねん

  2. 美山佑介 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >konanさん
    ありがとうございます!!
    くだらないブログですがピンときて頂いてむっちゃ光栄です!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

僕たちは遺跡を直すことができない。

    リアルタイムは、トルコのイスタンブールです。トルコ人、皆良い奴 …