*

フォトジェニック界の頂点・ドブロブニク

   

 


僕はお酒が1ピクリンも飲めないことで有名ですが、
「ナチュラルハイ」という、アルコールに頼ることなくテンションを限界まで上げることのできるアビリティをもっています。

こないだ、テキーラを8杯ぐらい飲んでるスペイン人と同じぐらいのテンションで「ヒャーーーーーーーーイ!!!!!!」って言ってるときに、
「お前、酒一滴も飲んでないの!!?まじで!!!!!!???」
と、普通に引かれました。

でもお酒飲めた方が絶対楽だよね!!!!美山です。

 

 

 

 

 

モンテネグロから移動し、クロアチアはドブロブニクに到着!!
ドブロブニク、と言えば、「アドリア海の真珠」と呼ばれるほどの美しい街並みが有名です。

いや、美しいは美しいかもなんですけど、「真珠」て。
アボカドのことを「森のバター」と呼び始めた人と、
牡蠣のことを「海のミルク」と言い始めた人と同じぐらい盛ってます。

 

と思ってたんですけど、ドブロブニク、予想を圧倒的に上回る美しさでした。
ドブロブニクドブロブニクうるさいな、そろそろゲシュタルト崩壊するんですけど?

ドブロブニクって、そもそもなんやねん。知らん。という人もいると思うんですよ。
もう写真見てもらったほうが早いと思うんですけど、こんな場所です。

 

 

 

 


キャーーーーーー!!!!!!
ちょ、
あまりにもフォトジェニックすぎる!!!!!


この光景をみて、インスタに上げない人類はいないと思われるレベルの景色、それがドブロブニクです。
生後3日の赤ちゃんでも、「いいね」押します。
「恋人と行きたい観光地ランキング」でも、常に上位ランカーの実力者であり
ベネチア、パリ、ローマ、帯広などと並び、超スーパーウルトラ世界的観光地です。

 

思うんですけど、ジャスティン・ビーバーがインスタにその辺の普通の木の写真あげて
「Good Morning!!」って投稿してるやつより、
僕のこのドブロブニクの写真の方が確実にいい写真だと思うんですよ。
でも、ジャスティン・ビーバーのいいね数は3,735,906件で、僕のこれ投稿した時のいいね数は102件とかなんですよ。まじなんで?

渾身のドブロブニクの写真でこの差なので、
仮に僕が頑張って水星に辿り着き、謎の未確認生物の写真撮影に成功し、インスタにあげたとしても
いいね数、ジャスティン・ビーバーにはギリで負けると思います。





こんな綺麗な町並みに対し、バスケパンツとクロックスという非常にお洒落なファッションで街を闊歩していました。

今冷静になって考えると、普通にラコステのパンツとか履いて歩いてたらもう少しモテた気がしてます。




この町並みを見て、女子力の高い人の中には気付いた人もいるかもなんですけど
ドブロブニク、実はあの有名な映画の舞台として有名な街なんですね。


「ジブリ作品のどれか」なんですけど、この時点で分かった人は相当なジブラーです。

今まで、合コンで「好きな映画は?」と聞かれて
「ん〜ジブリとかかな〜!」という死ぬほど無難な回答をしたことのある人は特に、
これが分からなかった場合、次の合コンから好きな映画がジブリという回答は禁止です。


ジブリと言っても色々ありますが、一体どの映画でしょうか。
普通に答え言っても面白くないので、わざとらしく考えてみましょう。







「千と千尋の神隠し」
いや、あれ舞台たしか台湾の九份だな。








「ハウルの動く城」
絶対違う。今んとこハウル感ないし、
お城が動く予感、全くない。








「借りぐらしのポニョ」
これ、なんかちがう。そもそもタイトルが違う気がする。








「崖の上のアリエッティ」
いや、しっくり来ない。









「紅のトトロ」
主題歌はX JAPANの皆さまにお願いします!!









「となりの豚」
完全に、くさい予感しかしない。






おふざけはここまでです。
圧倒的な不毛タイムにお付き合いいただきありがとうございました。

クロアチアのドブロブニク、舞台となったと言われているのはこの映画です!!


はい、「魔女の宅急便」の舞台になったと言われている街です。
「魔女の宅急便」はジブリの中でもトップクラスの人気とエモさを誇りますよね。
僕は中学生の頃、魔女の宅急便のことを「まじょたく」と略すことがかなり最先端だと思って生きていました。


主人公の「キキ」、かなりすごい人だと思ってます。
何がすごいかと言うと、まず箒で空を飛んでる時点でかなりすごいです。

そしてこの箒で飛んでいる状態でこれだけの量のカモメに囲まれた場合、
僕だったら間違いなくカバンの中に入ってるおにぎりが取られるのではないかと警戒し、追い払うと思います。
それに対し、キキは1ピクリンも警戒することなく、かなりオープンマインドでカモメに微笑んでます。
人間としての器、デカすぎます。

 

因みに「紅の豚」の舞台と言われている説もありますが、
「魔女の宅急便」の方がインスパイアされてる感が満点マンです。
宮﨑駿さんはオフィシャルには「ココが舞台!!」とは言っていませんが、間違いなくこっそり視察に来てたと思います。


こことか、


ここっぽいし!!!!!




そして「魔女宅」と言えば、黒猫の「ジジ」が主人公のキキ級に活躍します。


ジジ、こいつです。

物語の中でも、かなり重要な役割を担っています。何故か普通に人間の言葉を操ります。
たぶん、大学の時の第二外国語で「日本語」を履修したんですね。
講義室の中でも、最前列に座って先生に積極的に質問とかしてるタイプの猫だと思います。



ちょ、ジジも実写化されてる!!!!!

てか、ちょ、近いな!少しは人間にビビれ!!


まさかの展開です。ジジが欲しいと思っていたタイミングで、
野生のジジが飛び出してきました。


ん…てか、


ドブロブニク、猫むっちゃいる。



 

 

 

 

 

 


おい!!!!!!


これはダメだろ!!
さすがに、関係各所から怒られるぞ!!
いくら優しい宮﨑駿さんでも、走りながらラリアットしてくるぐらい怒られるぞ!!






ちょっと引くぐらい綺麗だったドブロブニクを堪能した僕らは、
近くに「ヌーディストビーチ」がある島があるという噂を聞きつけました。

別に行きたいとかほんとに全く全然なかったんですけど、
近くにあるならしゃあなしで行くかということになってしまいました。残念です。

かなりしぶしぶで船の予約をすぐにして、抜群のコンディションで臨めるように、早めに就寝しました。
次の日、憂鬱です。


 - クロアチア!!!!!

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

関連記事はありませんでした