*

佑介美山のめっちゃ痛かった話 〜野ッカー〜

      2015/11/15

 

 

最近家と職場の行き来ばかりで、ブログに書くようなオモローなことが起こらないので

「佑介美山の◯◯な話」という、なんともオリジナリティ溢れる名前で
大学生活における振り返りでも書こうと思います。

 

美山史上初の、連載シリーズです。

たぶん普通に、途中で飽きて終わります。

 

 

 

 

 

 

 

今回はめっちゃ痛かった話ということで、

僕が創りだした”野ッカー”という恐ろしいスポーツの話しをします。

 

 

大学二年の時の、先輩たちの卒業式の前日

その日は昼から学校でテニスする予定だったのですが、「ともひろ」がちょっと遅刻するというので
「ともひろ」が来るまでの間、皆で学校のグランドで遊んでいました。

 

o0800107112248105979

 
これが事件の起きたグラウンドです。
 
 
 
僕たちテニス部の部室には、
野球ボールサッカーボールと金属バットあったのでそれぞれをバランス良く使い遊んでいました。

 

正確に言うと、部室にはあとバドミントンセットとバレーボールと、
テレビと64とWiiと漫画たくさんとソファーと二段ベッドと布団がありました。

この部室の居心地の良さ、ROOKIESの安仁屋たちの部室の軽く5倍でした。

 

 

 

 
それで暫く遊んでいたのですが
飽きたので、僕が”野ッカ-”という遊びを創りだしました。
 
 
サッカーボールを野球のバットで打つという、
常人には考えつかないようなハイクオリティなスポーツです。
 
 
 
 
初球に、ピッチャーというかキッカーの柴田は全力でシュートしてきました。
 
僕は柴田はもうちょっと優しくシュートしてくれると思っていたのですが、完全に想定外の本気シュートでした。
 
 
しかし僕はホームランを打ちたかったので、かなりのフルスイングをしました。
スイングスピードでいうと、全盛期の松井の12倍でした。
 
 

o0220022912248130535

これの12倍のスピードで振りました。
 
 
 
ふつうの野球ボールならバットを安全に振り抜けると思うのですが
 
サッカーボールは重いし、柴田のシュートは本当にムカつくぐらい早かったので
 
 
 
あろうことか僕の振った金属バットはフルスイングの勢いのまま、

 

僕の頭に向かって跳ね返ってきたのです

 
 
そして、おでこに直撃したのです
 
 

自分で、フルスイングでおでこに金属バットを叩き込んだのです笑

 
僕は「死んだ」と思いました。
 
 
 
 
めっちゃいてーと思いながら
山王戦で背中の痛みが限界を迎えてゴリに支えられる桜木ばりにふらっ…としながら

何気なくおでこを触ってみると、

 
ウルトラハイパー血が出ていました
 
 
 
そうゆう展開ね…と思わされた僕は

ちょーどそのタイミングで到着した「ともひろ」の車に乗せられ、
過去最高のスピードで病院に行きました。

 
 
 
結局何針か縫っただけで、
何故かそんなデカい怪我じゃなかったんですが
いやーびっくりした事故でしたね
 
 
 
 
因みに、次の日の卒業式の写真がこれです。
 

 

 

 

o0800060012248074134

 

おでこに関してだけ言えば、卒業生よりその日の主役でした。

 
 
 

この時の傷、今でも酒を飲むとうっすらと浮かび上がります。
僕、完全にハリー・ポッターと同じポジションです。
ホグワーツ行ったらグリフィンドール間違いなしです。

 

 

 

 

 

 

 

僕がこれで何を言いたいかというと
「みんなも野ッカーには気をつけろ!!」ということと

僕がケガしたのは完全にともひろのせいだということです。

ともひろが遅刻しなければ僕が野ッカーという魔物を生み出すこともなく、

大人しくテニスだけしてたと思います。
 
 
 

でも僕はこのおでこで暫くの間ウケをとれたので、
結論としてはとても良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佑介美山の◯◯な話、司会は千原ジュニアさんでした!!
また来週!!

 
 

 

 - 佑介美山の◯◯な話

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

佑介美山の指スマを超えたい話② 〜DEATHシリーズ〜

    こんにちはミヤマ=スカイウォーカーです 今日は指スマを超えたい …

佑介美山のついてない話〜給料払え〜

    今日はついてない話とゆうことで   僕、だいぶ前にバーテンダー …

佑介美山のあれはやられた話〜ナビの裏切り〜

      高校を卒業してすぐの大学一年生のとき、 …

佑介美山の指スマを超えたい話①〜アドレス帳ドボンゲーム〜

    こんにちはミヤマ=ワン=ケノービです 今日は「指スマを超えたい話」の第一 …

佑介美山のゾッとした話 〜ドーハの悲劇〜

  大学三年生の春、春季の関東大会が千葉県の白子町でありました。   関東大会が …

佑介美山の見つけられなかった話〜R.O.〜

    大学時代、僕の家は二階建てのアパートだった      そして僕 …