*

ナスカの地上絵は、芳ばしい香りと共に

   

ワカチナ砂漠を出て、僕は「ナスカの地上絵」という、ワールドクラスの観光地に向かいました。

 

ナスカの地上絵は、世界七不思議に数えられる、
世界トップクラスのミステリーの場所
なんですね。

世界遺産の中でも、かなり上位層です。
サッカーで言うと、「ルカ・モドリッチ」ぐらいの強さはあります。

古代ナスカ文明の遺産であるナスカの地上絵は、
現在でも絵が描かれた目的や、正確な手法は謎に包まれているそうです。

ちょ、テクノロジーが発展したこの現代において、それでもまだ解明できない謎ってロマンすぎる!!

そんなヤバい地上絵があるナスカの街に、350円のバスで到着できたことを誇らしく思います。

 

 


ナスカの地上絵を見るには、セスナをチャーターするのが一般的です。
たくさんのセスナ運営会社があるので、その中で一番バイブスがフィットしそうなところを選びます。

 

 

一番パイロットさんとバイブスが合った、このセスナにしました。
ナスカに着いて仲良くなった日本の人と、あと
スペイン人のおばちゃん2人と一緒に乗ります。

おばちゃん2人が、
「ナスカの地上絵を見ることは夢だったのよ!!」と、嬉しそうに話していたんですね。

「僕も夢でした!」とノリで言った結果、
おばちゃんズとはかなりのマイメンになりました。

 

 

 


おっと。新幹線とか、飛行機で見かけるエチケット袋がありますね。

セスナはかなり揺れるので、万が一マーライオンしそうになってしまったとき用の袋です。

 

ただ、一生に一度見れるか見れないかの、あのナスカの地上絵を見るチャンスです。
どう考えてもゲロ吐いてる場合ではないというのが全員の共通認識だったので、みんなで集中力を高めました。

 

 

しかも、機長のデイビッドさんはこの道何十年のベテランパイロットです。

「大丈夫だ、俺の操縦はかなり安定している。みんなを酔わせることなど、絶対にない!」

頼もしさ、半端ないです。
ただ、僕は三半規管が人類の数十倍は強いので、どんなに揺れようが酔うことはありません。

 

スペイン人のおばちゃん2人が、若干乗り物酔いするタイプと言っていたので少し不安が残りましたが、そこは集中力でなんとかすると約束してくれました。良かったです。

 

 

いや、セスナむっちゃ軽快に飛びすぎてちょっと怖い!!
デイビッド、たのむぞ!!

 

少しずつ、地上に線のようなものが見え始めました。
もう少し進むと、有名な絵がどんどん見えてくるので、その時にデイビッドさんが教えてくれるとのことです。

 

 

 

デイビッドさん
「お!!!あの山のところに描かれているのが、有名な宇宙人の絵だぜ!!!
ヒーーーーハーーー!!!!」

 

宇宙人の絵、むっちゃ有名なやつ!!遂に地上絵が見れる、待望の瞬間だったんですけど、

テンションが最高潮になった僕らに、信じられない出来事が起こったんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

おばちゃんズ
「オロロロロロロロロロロロ!!!!!!!!!」

 

 

 

いやあああああああぁあ!!!!!!!!!
ダブル・マーライオン!!!
ゲロ吐かないっていう約束どこいった!!!!

 

 

 

むっちゃ有名な地上絵が遂に見れる、と思った瞬間に、ものすごいディフェンスが入った形になりましたからね。

ドラクエのボス戦で、左右にいる手下みたいなやつを倒してからじゃないと、直接ボスには攻撃できないのと全く同じように、
おばちゃんズのゲロというハードルを超えてからじゃないと、地上絵は見れないんです。

 

 

 

 

 

 

 

機内に充満した芳ばしい香りを、圧倒的な集中力でシカトすることで、なんとかこの宇宙人の絵を捉えることができました。

いや、でかすぎ!!あと宇宙人って言われてるけど、ガチャピンに似すぎ!!ムックはどこやねん!!

遂に見れた地上絵に感動しながら、ふとおばちゃんズの方を見ると
窓どころか構えは完全にエチケット袋の方を向き次に来るであろうセカンドキャノンに備えていました。

 

おばちゃんズ
「めっちゃしんどいけど、有名なモンキー(猿)の絵は一番楽しみにしてたから、必ず見るわ!!」

 

素晴らしいメンタリティです。前半で失点はしましたが、後半で取り返せば良いんですよ。
僕はおばちゃんズに、「強い気持ちさえあれば、乗り物酔いはおさえることができますよ。」という、非常に建設的なアドバイスをしました。

 

 

 

 

飛行を続けること5分、遂にその瞬間がやってきたんですね。

 

 

 

デイビッドさん
「モンキー(猿)の絵だ!!一番有名な地上絵だぞ!!みんな!!
ヒーーハーーー!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おばちゃんズ:
「ゥオエエエエエエエエ!!!!!!!」

 

うおおおおいいいいいぃぃぃぃ!!!!!!!!
このゲロ吐きズ!!!!

 

 

 


僕は1ミリも酔ってないので、地上絵をエンジョイします。
これは一番有名な猿の絵ですね。

 

ハチドリ

クモ

コンドル



手のオバケと、木の絵。
この2つの絵は道路に近い場所に描かれているため、高台に登るだけでも見ることができる、コスパの良い地上絵です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セスナのフライトが終わり、地上に降りてきました。
僕は古代ナスカ文明を全力で感じることができ、
ガチの大満足でした。

途中から有名な地上絵が続きすぎて、おばちゃんズの様子あんまり見れてなかったんですよ。
おばちゃんのゲロより、世界遺産の方が遥かに大事ですからね。

「どうだった?」って聞いたら、爽やかな表情でこう言っていました。

 

 

「飛行機酔いしすぎて、地上絵は1コも見れなかったわ!!」

 

 

 

 

 

 

おばちゃんズ、延泊してまた明日、今度は酔い止めを飲んでから再チャレンジするらしいです。

いや、酔い止め持ってるなら今日飲んどけや!!!!!!!

 

 

 - 世界一周, ペルー!!!!!

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

そうだ、クスコいこう。

ナスカの町中には、至るところに地上絵のマークが見られます。 俺らはナスカの地上絵 …

スタンド・バイ・ミー・ロード/ SKY MISSION

  今日はついに、世界遺産界の四天王の一角、 その中でも頂点と言っても …

砂漠のオアシス、ガチすぎる

エクアドルはキトを出発し、次はペルーのリマという街に向かいます。 移動手段として …