*

アユタヤでヨガフレイム

      2017/08/13

 

何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない

ーアルベルト・アインシュタインー

 

 

 

リアルタイムはトルコのカッパドキアです。
この旅最大のブログ更新スポットとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日はバンコクから北に80キロ、アユタヤという場所に行きました。

アユタヤは、「木に埋まってる仏像」というものが有名ですね。

 

 

その「木に埋まってる仏像」というのはタイの観光地の中でも有数なモノらしいのですが、

どうせあれですよ。埋まってるとか言っても、
ちょっと仏像が埋まってたからそうゆう観光地にしちゃおうぜぐらいのノリに決まってます。

埋まっててもせいぜいヒザ下ぐらいまでだろうという憶測をたてた僕は、
非常に軽い気持ちでその仏像との対面を果たしました。

 

 

 

 

 

 

 

o0800060012669943256

 

ちょ、想像を絶するぐらい埋まってる!!!!
俺の予想、遥かに超えて埋まってる!!!!これはナイス!!!!

こんだけ埋まられてたら、ナイスとしか言えません。

 

 

僕は完全に過小評価してしまっていたことを詫びて、記念写真を撮ることにしました。

この仏像と一緒に写真を撮るときのルールは、
「仏像の頭より上に、自分の頭が上にいってはいけないこと」です。
仏像さんに対して失礼にあたりますからね。

僕、仏像の頭を越えない為に、座って撮影に臨むことにしました。

 

 

 

 

 

 

o0800060012669943907


ちょ、カメラのアングル!!!!!

仏像の頭を余裕で越えてしまった僕は、次の有名スポットに向かいます。

 

 

 

実はこの次の有名スポットこそ、
僕がアユタヤにタイで1番来たかった理由の場所です。

バンコクにある有名なお寺でも、チェンマイの方にある首長族の村でもなく、これなんです。

僕正直、これ見たとき「タイタニック」見たときより感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

o0450033712669944901

o0800060012669943255

 

ストツーの、サガットステージ!!!!
うおおおおおおおお!!!!本物や!!!!!!

僕ら世代の男子なら確実にハマったであろう、有名すぎるスーファミの格闘ゲーム、「ストツー」。
そのステージのモデルの1つが、ここタイにあることは小学生の頃から聞き及んでいたのです!!

言うならば、これは小学生の頃から撮りたいと思ってた写真でした。
1つの、夢がかなった瞬間です。

 

 

「ストリートファイター」は各国代表の戦士がひたすらバトルするという至ってシンプルなゲームですが、

タイはこいつです。「サガット」。

o0320024012669944900

「サガット」

タイ出身の「隻眼の猛虎」と呼ばれるムエタイの使い手。シリーズ第一作である初代『ストリートファイター』の最終ボスとして初登場。
身長2メートルをゆうに超える巨漢で、スキンヘッドと眼帯がトレードマーク。
『ストII』以降はシャドルー四天王の一人と設定されている。

必殺技の「タイガーショット」(上段のみ)は、一撃でプレイヤーキャラクターの体力の7割を奪う攻撃力を持っていた。ほかにも跳び膝蹴りやハイキックを使ってくる。

(以上、Wikipediaより抜粋)

 

 

子供のころは「うわータイ人ってこんなんなんやー」とか思ってたんですけど、
タイ人にこんなデカくてコワい奴いません。

大体ですよ、サガットの必殺技の「タイガーショット」、
一撃でプレイヤーキャラクターの体力の7割を奪う攻撃力をもっているとか最強すぎでしょ。
三割減らしてから「タイガーショット」すれば勝ちですからね。

 

 

これも、大人になって実際にこうしてタイに来たからこそ、気づけたことですよね。
もし一度もタイに来ないままだったら、タイ人は全員サガットという今世紀最大級の誤解をしたまま生きていくところでした。

 

 

因みに、日本代表はコイツです。
「リュウ」。

 

o0384022412671818357

「ストリートファイター」は日本だけでなく世界中で人気のあるゲームなので、
ある程度その国のイメージを、キャラから連想する外人も多いハズです。

リュウ、イケメンで本当に良かったです。

 

 

 

因みに、僕のストツーでの推しメンは、
「ダルシム」というインドのやつでした。

o0384022412671818356

o0515038812671818358

この「ヨガフレイム」という技が最強すぎました。

 

 

タイに来てみて、実際のタイ人とサガットはかけ離れている
ということが分かったんですけど、

インドに行ってみて、実際のインド人とダルシムはあんまりかけ離れていない
という事実にも気づきました。

道歩いてたら、30分に一回はダルシムに激似のやつに会います。

インド、やばすぎです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

o0800060012669943908


ミヤーマーを探せINアユタヤ。

 

o0800060012669943906


デカい金色のブッダ。

 

o0800060012669944129


ブッダ、まじで天パにも程がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

o0800060012669943909

遺跡で、遠足中の小学生軍団に遭遇。

 

先生「明日の遠足は、遺跡に行きまーす!!」

児童「イエエエエエエエ!!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

アユタヤ、完全に良いところでした。
そういえばですけど、世界遺産みたいです。

バンコクから、ツアーで安く日帰りで行けるのでオススメです。

 

 

一日一回、下のバナーを押して頂けるとランキングが上昇します!!
「読んだで!!」のしるしに、是非クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村
 

 - タイ!!!!!

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

タイで、ゲイに食われかける

    旅人よ、道はない。歩くことで道は出来る。 ースペインの詩人アン …

金色のブッダに、入場を拒否られる

  一番偉大な愛は母親の愛で、次が犬の愛、その次に恋人だ。 ーポーラン …

GOOD BYE 夏男

  行った先で何が起こるかわからないままに出てゆくのが旅ではないか。 …

究極の対決「レディボーイvs美山」

  人生、楽しんだやつが最強 ー高橋歩ー   リアルタイムは …

予防接種と森公美子

笑いのない一日。それは無駄な一日である ーチャールズ・チャップリンー &nbsp …