*

シャー・ジャハーンのイケメンすぎる人生

      2017/10/01

 

一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!!
「読んだで!!」のしるしに、是非クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

o0800060012723310298

「インド人に扮装して10ルピーで入場できるか」
という検証企画を華麗に失敗した僕は、普通に750ルピー払ってタージマハルに入ります。

この門をくぐれば、遂にあのタージマハルさんと対面を果たせるわけです。

ていうか、既にちょっと見えてますね
数値化するとなると、15マハル

 

僕、タージマハルには思い入れがあるんですよ。
中学生の時に、学年のイベントで「銅板レリーフ」を作ったんですよね。
それでウチのクラス、タージマハル作ったんですよ。

僕は「アジアで一番良いやつ」との呼び声高い南遼平と一緒に、
右の柱の部分を担当していました。

 

因みにその銅板レリーフのテーマ、「世界のお城」だったと思うんですよ。
でも、今気付くと、タージマハルってお城じゃなくてお墓。
ちょ、担任の吉田先生、社会の先生だったようn…!!

要するに、思い入れがあるんですよ。

 

 

 

 

 

 

o0800060012723299400

門をくぐったところです。
タージマハル、チラ見やんけ!!

この時点で、既にとんでもなく綺麗!!
でもまだ数値化すると、120マハル!!!!

因みに、昨日宿の屋上から見えた時は、50マハルほど。

これ、門をくぐって近くで見たら何マハルに達するか分かりません。
スカウターが、パリンッて割れる恐れすらあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

o0800060012723307393

 

530,000マハル。

フリーザ様の戦闘力と同じ。


綺麗。綺麗すぎ。
予想してた、58倍は綺麗でした。

タージマハル、流石の実力ですよ。
今まで東南アジアをずっとまわってきましたが、今んとこ一番感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムガル帝国の第5代皇帝である、「シャー・ジャハーン」という人がいました。
有名人ですね。キムタクより有名人です。

タージマハルは、実は、そのシャー・ジャハーンの奥さんである
「ムムターズ・マハル」さんのお墓なのです。

 

 

シャー・ジャハーンは、ムムターズ・マハルのことをむっちゃ愛しました
その一途っぷりは、全世界一途な男ランキングでベスト3に入る美山を凌ぐ勢いでした。

そんな溺愛の妻ムムターズ・マハルが、
なんと38歳という若さで亡くなってしまいます。

シャー・ジャハーンは、尋常じゃないぐらいの悲しみに打ちひしがれ、
黒かった髪が一晩で真っ白になったとも言われています。

 

 

シャー・ジャハーンは、愛する妻の為に本気を出すことを決めました。
ムガル帝国の国力をかけて、ムムターズ・マハルへの愛を表現しようとしたのです。

国中から職人が集められ、
22年の歳月と、天文学的数字の予算をかけてタージマハルは完成しました。

 

 

しかし、シャー・ジャハーンが本気を出しすぎた為に国が傾きました
お金、使い過ぎたんですね。

シャー・ジャハーンは、実の息子であるアウラングゼーブによって、
アーグラ城に幽閉されてしまいます。

 

 

 

父「っしゃーーー!!タージマハルつくるぞ!!国の未来とか知らねーよ!!ムムターズ・マハルへの愛を表現するんだ!!」

 

子「ちょ、親父やめて!!母さんのお墓確かに大事だけど、ちょっと本気出しすぎだから!!国傾き始めてるから!!!!」

 

父「うるせーーー!!俺は王だぞナメんな!!
今はタージマハルをつくることしか考えねーかんな!!」

 

子「ちょ、この人マジでやばい!!このままだとムガル帝国崩壊する!!」

 

父「っしゃーーー!!タージマハルできた!!綺麗すぎる!!
妻のお墓にふさわしすぎる!!」

 

子「良かったね父さん!!さぁそろそろ国のことを考えようか!!」

 

父「いや、次は俺のだ!!」

 

子「!!!!???」

 

父「タージマハルは白大理石でつくったから、俺の墓を黒大理石でもう1コつくる!!さぁやるぞ!!もっかい頑張れお前ら!!」

 

子「コイツ、ガチでムガル帝国のこと考えてねえ!!
かくなる上は…!!」

 

 

 

父「おお、息子!!用とはいったいなんだ!!
おい!!どこへ行く息子!!
俺はいま、黒いタージマハルの建設で忙しいんだがな!!」

 

 

 

 

ガシャン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

o0800060012725134237

シャー・ジャハーンは、
本気を出しすぎたことにより国を傾かせてしまった罪
実の息子に、アーグラ城に幽閉されてしまいます。

アーグラ城からはこのようにタージマハルが遠くに見え、
シャー・ジャハーンは愛する妻を想いながら毎日タージマハルを眺め、

74歳で、その生涯を閉じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イ、イケメンすぎる…!!!!

 

国が傾くのも構わず、奥さんへの愛を表現しようとしたんですよ。
そして息子に閉じ込められた後も、死ぬまで奥さんを想い続けたんですよ。

この歴史を知ってから、僕は、シャー・ジャハーン兄さんのことを
男の中の男」と呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

o0800060012723312197

タージマハルの中で。

ここにいたインド人たち、皆良い人ばっかりだった。
バラナシとは違った。

 

 

 

因みに、シャー・ジャハーンは
「これ以上美しい建造物をつくられないように」と、

タージマハル建設の為に、
国中から集められた職人たちの、両腕を切り落としてしまいます。

両腕を切り落とした代わりに、職人たちの一生の面倒をみたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはちょっとやりすぎですけどね

 

 

一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!!
「読んだで!!」のしるしに、是非クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村

 - インディアァァァ!!!!!!!!

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

Comment

  1. 通りすがりの猫 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    FULUの世界遺産という映像で
    タージマハルに惹かれて見ていたら
    シャー・ジャハーンが幽閉されたというところがなんだか曖昧に描かれていたので
    気になって検索していたらこのブログを見つけました!
    とっても面白くて分かりやすい!
    たしかにシャーさんイケメンだ…こんな人に愛されてみたいです^^
    世界史の先生があなただったら私
    人生変わってたかも…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ブッダのオールナイト仏教 -其壱-

  一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!! …

キスシーンでむっちゃはしゃぐインド人

  一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!! …

ラーメン屋のオヤジの指がスープに入るということ

  一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!! …

卑猥にも程があるカジュラホの像

  一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!! …

ブッダのオールナイト仏教 -最終章-

  一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!! …

長澤まさみさんとドラマで共演した美山

        「ガンジス河でバタフライ …

【検証企画】インドの路上で髪を切ってもらってみた

  一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!! …

【検証企画】インド人に扮装してタージマハルに行ったら、入場料は安くなるのか試してみた

    一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが …

デリーで睡眠薬強盗にあいかけた話

  一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!! …

まじインドとか来たくなかった

    旅には偏見や頑なさ、心の狭さなどを粉みじんに打ち砕く …