*

イブラヒムじいさんのお・も・て・な・しはクリステルを凌ぐ

      2017/10/01

 

一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!!
「読んだで!!」のしるしに、是非クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドSなねーちゃんたちの巣窟であるイミグレを無事に突破した僕たちは、
バスに乗ってエルサレムの中心部に向かいます。

 

国境から市街地までは30分ほど。
景色を見ながら、

 

「ここがイスラエルか…遂に来たなー…

 

全国民の女性の何割ぐらいが美女なんや…

 

美女はちゃんと英語話せるんかな…

 

美女全員、スペイン人の5倍ぐらいアクティブやったら良いのに…

 

てか美女の定義ってなんやねん…」

 

と、エグいぐらい真面目なことだけ考えていると、
一瞬でエルサレムに着きました。

 

 

 

o0800060012817202464

 

ダマカサス門という場所に到着。

ここから、エルサレムで有名な「イブラヒムじいさんの家」に向かいます。

「イブラヒムじいさん」は世界中の旅人の間で有名で、
イスラエルとパレスチナの間にある差別問題などを解決しようと活動している、平和活動家です。

「イブラヒムじいさん」は自分の家を宿泊施設として、ここエルサレムで旅行者に開放してるんですね。
安く泊まれるということもあり、オールシーズンで世界中の旅人が集まります。

 

 

何故イブラヒムじいさんがそんなことをしているかというと、
イスラエルやパレスチナの問題を旅人達に伝えるため。

その為、後述しますが宿泊者である世界中からの旅人たちに対し、
本当に色んなお話をしてくれます。

そんなイブラヒムじいさんは、
世界各国から招待されて演説なども行っている、ある意味伝説的な人です。
そんなすごい人の家に泊まれて、色んな話が聞けて、しかも安い。

「いつ行くの?」とか聞かれるまでもなく行きますよね。

 

因みにイブラヒムじいさんの見た目は、

 

 

o0700049512813397949

こんなカンジです。
威厳がありますね。「伝説の人」オーラ満開です。

 

イブラヒムじいさんの家への行き方は簡単で、旧市街から75番のバスに乗って、

「イブラヒムじいさんの家に行きたいです!!」とバスの運転手に告げると
「よっしゃ分かった任せとけ!!」みたいになります。
 
 
 
 

走ること10数分、
バスの運転手が「この辺だよ!!」っていうから降りたら、ここどこってなったんですよ。

すると、なんか知らんですけどオッサンがこっちに向かって満面の笑みで手を降って何か言ってるんですよ。

しかも、そのオッサン尋常じゃないぐらい髪の毛クルクルなんですよ。
天パどころの騒ぎじゃないんですよ。

するとそのオッサンは床屋のオッサンだったんですけど、
「よく来たな!!まぁウチの中に入れ!!」
と、全然意味の分からないことを言うんですよ。

 


中には、おじいさんが一人だけヒゲを剃ってもらってる途中で、
「なんで俺ら呼んだん?」って80回ぐらい思いました。

いやなんかおじいさんに悪いし!!
僕ら行くトコあるんでもう行きますね!と言うと、

 

そのヒゲを剃ってもらってたおじいさんが急に、

「私の家に来るのかね?」

と言ったんですよ。

 

いや、僕らイブラヒムじいさんっていう人の家に行きたいんですよ!
ご好意はありがたいですけど、そっちに泊まるんです!
というと、

「そうか!じゃあ、私の家に来るんだね?」

とまたおじいさんが言うんですよ。

 

 

僕たちは全員、LINEのスタンプでいうと
ハテナのクマさん状態じゃないですか。

 

o0439056712817225685


この状態じゃないですか。

 

 

でも冷静が服を着て歩いてるような男・美山は、
あることに気づいてしまったんですよ。

 

「あ、このおじいさん、ちょっとイブラヒムじいさんに似てるな…?」

 

でも定かじゃなかったんで、それを誰か一人がギリ拾えるか拾えないかぐらいの小声でぼそっと言ってみたんですよ。
するとアキラさんがしっかり拾って、「え?」みたいになったんですよ。

「ちょ!?」ってなった僕たちは5秒だけ作戦会議をした後、
いっせーのででそのおじいさんに質問をぶつけてみることにしました。

 

 

 

 

 

「ちょ、あなたはひょっとして、いやまさかですけど、

イブラヒムさんですか!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

o0800060012813397950

 

「そうだよ!!ようこそエルサレムへ!!」

 

 

 

 

 

 

ちょ、たまたま入った床屋でたまたまヒゲ剃ってたおじいさん、

たまたまイブラヒムおじいさんだったーーー!!!!

 

 

ちょ、こんなことある!?
伝説の人がヒゲ剃られてる最中に挨拶交わすことってある!?

 

 

 

 

ヒゲを剃り終わるまでまだ暫くかかるというので、
僕たちはお先にイブラヒムじいさんの家に向かうことにしました。

イブラヒムじいさんの家は少し入り組んだところにあるので少し場所が分かりづらいのですが、
現地の子供達がむっちゃアクティブに案内してくれて、でもほぼ全員が何故か嘘をついてくるので更に分かりづらさが加速しました。

あんまり無邪気をこじらせないようにね(^^)

 

 

 

 

o0800060012813397952

イブラヒムじいさんの家に無事ついて、イブラヒムじいさんが帰ってくるのを待ちます。
これは家の屋上から見えるエルサレムの夜景。

イスラエルとパレスチナを隔てる「分離壁」もよく見ると見えますね。
イスラエルに来たんだなという実感が湧いてきます。

 

 

 

 

10数分後、イブラヒムおじいさんが帰ってきました。
僕たちはそれを、仕事を終えてお父さんが帰ってきた時の子どもたちばりに出迎えます。

イブラヒムじいさんは僕達に会うなり、
竹野内豊の18倍ぐらいの良い声でこう言いました。

 

「ウエルカム!!」

 

そしてイブラヒムじいさんは間髪を入れずに、
福山雅治の52倍ぐらいの良い声でこう言いました。

 

 

「EAT!!!!(食べなさい!)」

 

 

 

 

 

o0800060012813397951

なんとですよ、イブラヒムじいさんは旅人たちの為に、
毎日料理を作ってくれているんです。
それも物凄い量を。

 

「ここは君たちの家だ。家の中にある何を使ってもらっても構わないし、
冷蔵庫にあるものは何を食べたって良い。

よく来てくれたね。ウエルカム!!」

 

ちょ、イブラヒムおじいさんのおもてなしクオリティ、尋常じゃない。
超えてる。この時点で既にもう、クリステル超えてる。

世界中で公演をしているすごい偉い人なのに、それを感じさせない柔らかい空気感であったり、等身大に接してくれるその人柄。

良い人。良い人すぎる。
僕たちは一気にイブラヒムじいさんラバーになりました。

 

 

 

ヨルダンからの国境越えと、ドSなねーちゃん達(僕はアフロ)との戦いからほぼ何も食べてなかったので、僕達の空腹メーターは振りきれていたわけですよ。

 
時間も時間だったし、ありがたく作ってくれていた食事を頂きました。

 

「君たちがお腹いっぱいになれば、私は幸せなんだ。」
 
 
イブラヒムじいさんはそう言います。
まじ良い人すぎる。まじ癒される。体からマイナスイオン出てる。
 

料理は本当にものすごい量があったので、僕たちははちきれんばかりに満腹になるまで食べました。
健太郎に至っては、食べ過ぎでちょっとお腹痛いかなぐらいの勢いで食べました。

もう食えないぐらい食べて、

「ごちそうさまでした!!美味しかったです!!」

と言って僕たちは席を立とうとしました。
すると、イブラヒムじいさんから驚愕の一言が飛び出しました。

 

 

 

「EAT!!!!!(もっと食べなさい!)」

 

 

おっと!!笑

めちゃめちゃお腹はいっぱいなんですけど、イブラヒムじいさんがニコニコしてそう言うもんだから、
食べないわけにはいかないですよね。

まだ量も余裕があったし、僕たちはあと少しづつだけ、
料理をお皿に盛ってまた食べ始めました。

 

 

 

かなりキツいけど、なんとか次のお皿も完食。

「今度こそ、ごちそうさまでした!!本当に美味しかったです!!」

と言って席を立とうとした僕達に、
イブラヒムじいさんから驚愕の一言が飛び出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「EAT!!!!!!!(もっと食べなさい!)」

 

 

 

 

 

うわあああああ!!!!イブラヒムおじいさんのホスピタリティやべえええええ!!!!!

 

 

賄いの食べ過ぎで入院経験のあるフードファイター美山にとって第三ラウンドに突入することはかなり危険な賭けでしたが、

イブラヒムじいさんの笑顔を曇らせるわけにはいかないと、
ファイティングポーズをとることを決意しました。

第二ラウンドを終えて既にグロッキーだった健太郎は論外で、
光の速さで部屋に戻ってましたけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
その夜は、マーライオン寸前で暫く寝れませんでした。
 
後から知った驚愕の事実なんですけど、
途中で食べるの切り上げてもイブラヒムじいさん全然気にしないらしいです。
 
 
 
 

 

世界三大宗教の聖地、パレスチナとの差別問題など、
エルサレムは世界一周のうちでも特に来てみたかった場所でした。

明日から、ゆっくり時間をかけて街を見ていこうと思います。

 

 

 

一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!!
「読んだで!!」のしるしに、是非クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村

 

 

 - イスラエル!!!!!

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

佑介美山のすべらない世界一周 サイドバー

Comment

  1. れん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも楽しく拝見させて頂いてます!
    先々週の木曜に渋谷で美山さんにそっくりな人がいたんですが、違いますよね?笑

  2. つじお より:

    SECRET: 0
    PASS:
    やっぱキレが違うな。
    また、思慮深さとブログのギャップもたまらない。
    イブラヒム爺さん、有名ですけど髭剃り中に会った人って聞いたことないですね。笑

  3. 美山佑介 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >れんさん
    ありがとうございます!!
    ちょ、先々週の木曜日、僕ガッツリ渋谷いました笑
    多分それ僕ですね!世界は狭い笑

  4. 美山佑介 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >つじおさん
    いや、僕の文章のキレなんて、ダルビッシュのスライダーの足元にも及びませんよ!
    そうですね笑 そういう意味で言えば、貴重な体験をしました笑

  5. れん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >美山佑介さん
    やっぱ美山さんでしたか!!笑
    声かければ良かったです(>_<)
    狭いですね~!笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「ザビエル、フォーエバー」

  一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!! …

「世界三大宗教の聖地」の実力

  一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!! …

イスラエルにあるバンクシーアートがイケメンすぎる

  一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!! …

イスラエルマンとオニオニア共和国

      一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がり …

イスラエルの入国審査官のちゃんねーはドS

  一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!! …

パレスチナ自治区の中心で、久保田先生に謝る

  一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!! …

死海の水が目に入る痛みは失恋の痛みをも凌ぐ

  一日一回、下のバナーを押して頂けると僕のランキングが上がります!! …